2014-08/25

Gnar雑感

ギルティのアバみたいに強弱モードはっきりしていると聞いていた割に
ミニモードでもまあまあやれるし、Megaモードはさほどでもない。

MEGAモード、まあ弱くはないけどAS低すぎて殴りあいが弱い。
オラオラ飛び込むわけにも行かず
結局変身解けるまでCS取りにくいだけという展開が多い。

レーンでのMegaモードはあくまで変身によるSustainがOPなのであって
戦闘力自体はミニモードのほうが高いかもしれませんね。

Megaの本番はUltを覚えてからかなと。
Eで変身→Ult壁ドン→W→Q→あとは殴るだけ。
このコンボから入れたならバーストだけで3割以上もっていけるのでまず負けない。
Ultの効果範囲は結構広くて、適当に打っても壁ドンになることも多いです。


●集団戦
Miniだとやれることが少なすぎるのでMegaが必須。
ただしMegaの機動力のなさは尋常ではなく、ほとんど移動できなくなるため
Eで飛び込んだらそれ以上敵を追いかけるのは不可能に近い。
それ以上突っ込もうとしてもロクな目を見ないので
Kiteされたと感じたら、最前線は代わってもらってセカンドライン担当したほうが良い。


●中盤以降のにらみ合い
ブーメラン投げ放題になり、とても楽しいですが
ノーダメージな上、へたにRage溜めすぎて変身しちゃうと
その後の集団戦で目も当てられないのでほどほどに。

ただし最初からまともに戦っても勝算がなく、
タワー折れる時間稼ぎにミニオン処理だけにFocusしてるなら
ガンガン投げていくと、FighterにあるまじきPush力が存分に発揮されて良い。


●総括
ノーマナ、高Sustain、Pushが早い、Tanky、逃げ性能が高い。
モード切り替えできることから、背反する害悪要素が両立されています。
こんなに大好きな要素を兼ね揃えているのは、
実装直後のFulltankRengar以来かもしれません。
わたくし害悪チャンプ大好きです。

当時のRengarに比べると各々の水準は見劣りしますが
今後こんな糞キャラなかなか出てこないだろうから、
できれば使いこなしたいと思っているところです。
それに、当時のRengarと違ってCCも優秀だしね。
posted by にくず at 01:36 | Comment(0) | ゲーム | 更新情報をチェックする
タグ:LOL

2014-08/23

追加カードについて公式コメントが有りました

次の追加カードは100枚ちょうどというわけではないが、かなりの枚数を予定している。
追加カードは新たな種類のブースターパックとして提供される。
既存のカードがほしければ、既存のパックを買わなければならない。
ショップでは2種類のパックが販売される。

カードの追加ペースについては未定だが、次のカードについては頑張っているところだ。
2v2は今のところ作成の予定はない。ただ今後追加の可能性がないとまでは言えない。

Deathrattleで溢れかえっていることについては、
サイレンス持ちを増やすのではなくDeathrattle自体に直接言及するカードを追加する予定。

PaladinのクラスChallengeはあまり出来が良くなかった。
もっとBuffカードを増やしたほうが良かったかもしれない。


Value Town Finale - Hearthstone Dev Interview, Versus Series: Birdy vs Jonpii, Arena Entry Issues, Hearthstone Tablet Giveaway - News - HearthPwn


The next card expansion will feature "not exactly 100 cards, but it's a lot".
The cards in the next expansion will come out of a new booster pack.
You will still need to purchase Expert booster packs to get Expert cards. You'll have two choices in the store.
There is no current goal for expansion release cycles, but they're working hard on the next one.
The devs are not currently working on 2v2 formats. They're "maybe" thinking about it.
Mike liked the Lord of the Arena series (Congrats Reynad on winning your own tournament) and it would be nice if they could facilitate this better.
Instead of adding more silence cards to the game to combat potential Deathrattle problems, cards should be added which address Deathrattle directly.
The Paladin class challenge was not the best one, it's a lesson learned. Could have been more buff cards.




パック自体が増えるちゅーことですから
今、既存のパックを買うことをためらう必要はないようです。

これがもし既存のパックへ追加だったら、
新カードがでない今、パックを買うのは大損ということになりますので。


アリーナ報酬のパックがどうなるのかについては言及がなかった模様。
ランダムでどちらかのパックになるのか、アリーナでは旧パックしかでないのか
気になるところですがどうでしょうね。

旧パックしか出ないのであればアリーナやる意味はなくなるかな。
ランダムだったとしても当分は、新パックだけを集中的に開封したいよなあ。
posted by にくず at 02:31 | Comment(2) | ゲーム | 更新情報をチェックする

2014-08/21

[Naxx]新カードコンボ3つ

●Ooz+ソードオブジャスティス

コピー効果で増えたOozにさらにSoJが乗る。
結果、2/3と3/4のOozが並ぶ。
あと前にも書いたけどパラディンのカードはこいつと大体相性が良い。
特にBlessingofwisdom(カードドロー効果)はかなりウザいと思われる


●Kel'Thuzad+リーンカネート

リーンカネートの効果で死んたKTが、KTの効果で生き返り2体並ぶ。
サイレンスされたあとでも解除しつつ2体に増やすことが出来る。

これを打破するには1ターンで2体同時に処理しなければならないのでかなり堅牢。
しかも、死んだミニオンが毎ターン2体に増え続ける。
まあKTがちょっとでも仕事できれば即ゲームセットだからあんま関係ないけど。


●Shade of naxxramas+Windfury
RockbiterweaponやらFlametonguetotemと合わせてワンキルのお供に。

SoNは毎ターンヘルスも増え続けるので
ステルスでいる限りとにかく除去するのが難しい。
シャーマンだとバーストダメージを超加速させられるので
リーロイワンターンキルデッキの裏の手として採用するのはどうでしょう。
posted by にくず at 04:05 | Comment(0) | ゲーム | 更新情報をチェックする

2014-08/20

Helckのコミックス届いた

注文忘れてたもんで発売日じゃなくなっちゃったけど届きました〜

収録は1話〜9話、Webで公開されたおまけ漫画の収録はなし。
コミックス特典要素は、ヴァミリオの断髪式(4ページ)だけっぽいかな。


裏サンコミックス買うのはじめてだから何とも言えないけれど、
普通のコミックスより定価高い割にページ数少なくちょっと薄め、
そんでオマケ特典これだけっていうのはちょっとどうなんかなあ・・・。

まあ、だいぶ前に公式で、裏サンコミックスのコンセプトとしては
DVDBoxみたいなプレミア感をつけて、高級志向にしたい」みたいなことゆーてたけど
そのわりにWeb公開でカラーページだった所がモノクロになっとるのはどういう事かと。


Helck 1 (裏少年サンデーコミックス)
七尾 ナナキ
小学館 (2014-08-18)


作品と作者が大好きなので、お布施として買いますけれど
商品としてのコスパには若干疑問ですかねー。
連載媒体がWebマンガで、そっちからの収入が少ないだろうから
そのしわ寄せがコミックスに来てるのかなあ、とか余計なことを考えちゃうかな。


裏サンデー | Helck

あ、マンガ自体は面白いです。妹にも好評。
posted by にくず at 01:49 | Comment(0) | レビュー | 更新情報をチェックする

2014-08/16

Gromassh先生うんこつよいです

いやー、自引きで強レジェ出たのはじめてだったわけですけどね〜
さすが強レジェと言われるだけあって、
今まで引いたカードとはまた一味違う強さですなあ^^

今まで、微妙レジェでも翌日になったら強い強いゆーてましたけど
Gromasshさんは、その辺の並レジェなんかとは一線を画しとりますな。


昔は劣化パイロブラストなんて言われてたけどあっちはNerf食らったし、
メタ的にCruelTaskmasterやワールウィンドを無理なく入れられるから
フィニッシャーとしてものすごく優秀ですね。
相手の最大値の4割ぐらいを一撃で持って行っちゃうからなー。

適当なデッキに放り込んだだけだから
まだ真価を発揮していないはずなんだけれど
それでも十分以上に強いし便利です。
思ってたよりもずっと強かった。いやぁ良いカード引きました。
posted by にくず at 03:46 | Comment(0) | ゲーム | 更新情報をチェックする

2014-08/15

またレジェかぶった死にたい

http://gyazo.com/978260683255455dd534287d7516cdfd
posted by にくず at 03:42 | Comment(0) | ゲーム | 更新情報をチェックする

2014-08/14

Hearthstoneの40パック課金、あれだけためらっていたくせに結局課金してしかも玉砕

この前のデス様引いてワンチャンを見てRagnarosを作ったのと同様に
人間、可能性が見えるとそこに投資したくなるもので
あれだけ課金しようとしては止めていた40パック課金についに手を出し

その結果レジェンダリー1枚でした
ブリザード呪われろ




ちなみに引いたのはGromassh Hellscreamで
それなりに上位の強レジェではあるけれど、
レジェてんこ盛りデッキ前提的なカードなので
1枚だけあってもそこまで強くはないという感じのカードで

現状では大喜びする程でもない上、
今回はリアルマネーがかかっていた関係から
レジェ1枚だったというショックのほうが数倍大きいです。

ブリザードは呪われろ


Massanの開封配信だと100パックでレジェ8枚引いてたんですけどね
何なのこの差
posted by にくず at 23:29 | Comment(0) | ゲーム | 更新情報をチェックする

2014-08/12

Naxxramas第4週は、強力カードの目白押し!

ここまで比較的控えめな開放でしたが
4週目、5週目は一気に強烈なカードが開放されます。

特に今週は結構エグくて、OPなんじゃね?というカードばかり。
せっかくなので、雑感を書き連ねてみたいと思います。



Curse of Naxxramas 第4週(The Construct Quarter) - 獲得可能カード - HearthStone Read2Win
カード詳細についてはこちらをどうぞ




●Undertaker
1マナ1/2 Deathrattle召喚するたび+1/+1

ライトワーデンやシークレットキーパーと比較して、
成長させるための条件が非常にゆるい。

また、1マナHP2なので返す相手ターンに処理される可能性が低く
Deathrattle持ちは1〜3マナまで超一流カードで埋め尽くされているので
専用デッキなら高確率で実質2/3、うまく行けばそれ以後も毎ターン成長が見込める。

適当なデッキに入れて活躍するタイプではないものの、
10点中7点は付けられる強カードだと思う。



●Mad scientist
2マナ2/2 死亡時にデッキからシークレットを1枚設置

効果だけでもありえない強さなのに、スペックも2/2と及第点なこのカード。
いくら世間的にシークレットの評価が高くないとはいえ、さすがにこれはまずいのでは。

Kirin tor Mageと効果は似通っていますが
あっちは3マナで手札からシークレットを設置できるだけなのに対し、
こやつは2マナで山札から場に設置なので、手札を消費しない上、マナ効率が桁違い。
似ているようでかなり性能差があるように感じます。

Duplicateとコンボさせるとすごいことになりそうw



●Zombie chow
1マナ2/3 死亡時に相手ヒーローを5ポイント回復させてしまう

ウォーロック以外でもFlameImpが使えるようなものですが、
序盤であれば相手ヒーローを回復したところで十中八九上限突破して無駄に終わるため
デメリット効果がデメリットになりません。

特に、序盤弱いデッキが相手HPにダメージを与えることなんてないでしょうから
開幕の苦しいデッキに取って救世主となりえるのでは。
性能もさることながらそれ以上に汎用性の高さが際立っており、
今週の追加カードの中ではこいつが一番便利・優秀だと思われます。

余談ですが、プリースト専用カードのソウルプリーストとコンボすると
5回復が5ダメージに変わって凄まじいImbaになる模様



●Wailing soul
4マナ3/5 召喚時に味方ミニオンをすべてサイレンス

カードゲーム的にとても面白い能力だと思います。
ただ現行ではFreezeMageのカウンターとして使うほかには
そんなに目立った使い道がなさそうなのが残念なところ。
しかしこの効果であれば、忘れた頃にえげつないコンボが爆誕する予感がします。



●Feugen/Stalagg
どう考えても大概おかしいやろw

使えるレジェンダリーだと思います。
めちゃめちゃ派手な効果だけれど、
実際の活躍度についてはLoathebと比べてやや劣るかも。


効果について豆知識
・1体目は死にさえすればいいのでSilenceされてもOK
・2体目が死ぬときSilenceされてるとアウト
・ポリモーフとかHexは1体目の時点からアウト

・1体目が死ぬとき、自分のカードである必要はない。
 相手が手札から召喚してたり、奪われて相手の場で死んでもOK。
・場に居た2体が同時に殺された場合、巨人は2体召喚される。
・例えば、自分と相手が1体ずつ場に出していて
 相打ちなどで同時に死んだ場合、お互いに1体ずつ巨人が召喚される。




●Dark cultist
プリ最弱を脱却させるため、意図的に強カードに調整されています。
一番楽しみにしていたカードだったのにまさか4週目まで引き伸ばされるとは。
中途半端な課金は許さないブリザードの商魂が垣間見える。



●Death's bite
2マナ手斧、5マナ大斧と比べて微妙じゃね?とよく聞きます。
ただ、こいつの2撃目は5ダメ/1ダメになったSwipeのようなものなので
弱いということはないはず・・・たぶん。

マナ消費も手頃だし、4ダメあれば除去として十分なことも多いはず。
問題はSwipeになるのが2撃目だから即効性がないことと、
味方にもダメージが入るところをどう活かすか。
posted by にくず at 23:57 | Comment(0) | ゲーム | 更新情報をチェックする

2014-08/08

アリーナ12勝達成!そしてレジェ引いた(25日ぶり9回目)

 むしろまだ達成していなかったのかという感じですが、ようやっとアリーナ12勝達成しました。いままで12勝どころか11勝の経験すらなく、後発組がどんどん12勝達成していく中でやっぱ下手なんかなーと凹むこともありましたが、回数こなせば何とかなるもんで、ようやくゲームクリアです。

 デッキもまあ普通に強かった。Flamestrikeなし、Fireball1枚、ポリモーフなしではあったものの、ほぼ全てのカードが平均以上のカードで埋まっていたので対応力が高く、相手の切札しのげば盛り返せる展開が多かったように思います。ブリザード2枚、アプレンティス3枚、シルバーハンドナイト3枚あったのが特にデカかった。それにしても12勝行くとは思わなかったけども。



●レジェゲット
 そしてその直後に、御祝儀レジェンダリーげっと。


ぺいぐる.jpg



 NatPagle
 このいまさら感である。

 まあ、メタがもっとスローゲームに傾けば、また使われるかも。 あと、ちょうどNaxxのFinalWing開放されたら、ステルス付与のネクロマンサーRogueやろうと思っていたので、それにぶち込んでみようかなー。
posted by にくず at 22:00 | Comment(0) | ゲーム | 更新情報をチェックする

2014-08/07

七尾ナナキさんの漫画が面白くてたまらない。

 4月頃から新連載で、裏サンデーにHelckという漫画が掲載され始めたのだけれど、これがほんとうに面白い。 裏サンデーには連載トーナメントという企画がありまして、読者投票ランキングによる勝ち抜き戦を3回戦までやったあと、優秀者はその続き・・・つまり第4話から、そのまま連載できるというイベントで、Helckはその連載トーナメントにおいて上位入賞→連載開始となった作品です。

裏サンデー | Helck


 連載トナメの時から丁寧な絵、シュールで質の高いネタ、ほのぼのした雰囲気が気に入って注目していたんですけども、連載が始まると、思っていた以上に面白く、あっというまに裏サンデーで一番のお気に入りになってしまいました。

 連載トナメぶんの3話もさることながら、その後もキャラの魅力が増し、ストーリーも次々と伏線が張りめぐらされ、どんどん面白さが増しております。最初はギャグ漫画として読んでたのに、今じゃストーリーまで楽しみになってるし、キャラ同士の掛け合いも独特で、とにかく雰囲気が大好きだ!今じゃ毎週の癒しです。



●あんまり気に入ったもんだから
 他になんか描いてないのかと思ってググってみた。・・・そしたらTIADIUM、ACARIA、ADIRAの3作が見つかり、これら全部めっちゃ気に入った!もうたまらん!これこれ個別の作品にとどまらず、もうこの作者自体のファンですじゃ!

基本ファンタジー
作者公式サイト


 ということで、久しぶりにツボに入りまくりの作家さんを見つけてしまったので一つご紹介ということで。さしあたってはTIADIUMという作品が、短編でさっくり読めつつ、作者の味が存分に出ていると思うのでオススメです。

TIADIUM / N-nanaki - ニコニコ静画 (マンガ)


 近いうちHelckの裏サンコミックスが出るらしいから、もう買っちゃおうかなーと思ってます。応援になれば嬉しいし、単純に手元にも置いておきたい。コミックス買うのなんて何時ぶりだろうな〜。特に裏サンコミックスなんて買うことないだろうと思っていたのにな。
posted by にくず at 00:34 | Comment(0) | レビュー | 更新情報をチェックする

2014-08/06

Rank10到達、まだまだ上がりそうだ

 HunterOnlyでRank10到達。
 今までは月末にRank11がやっとだったので大躍進!!

 まだ月初めなこともあってか、かなりレベルは高いみたいです。というのも、3戦に1回ほどはLegendary到達記念のカードバック持ちとマッチするし、Twitchで配信を見ていても、上級者でもRank5前後だったりするからです。

 この時期にRank10到達できるなら、今月は初Legendary達成できちゃうかな?と甘い夢が見えますね。普段だったらHSのRankなんてQuest消化がてらにしかプレイしないのに、今月はすでに40戦以上やってます。やはり何事も勝てると楽しい。自尊心につながって気持ち良い。



●懸念事項
 Hunterばっかりプレイしているので、今日解禁のDeathLoadがすごく気になります。3マナでHP8のTauntなんて出されると詰むこと請け合いですから、対策カードは必要になってくると思う。

 しかもAggroよりのMidrangeデッキだと、あいつのデメリット効果でミニオン1体貰ってもほとんど嬉しくないのがツライ。特に今俺が使っているデッキはBattleCryやミニオン同士のシナジーに強く依存しているので、唐突に1枚出てきても大して役に立たない。


今のところ考えている対策は、

・Deadlyshot。
 同じ3マナで対抗できるので、DeathRattle効果だけが美味しいことになる。
 MiracleやHundlock、Druid対策にもなるため最有力。
 1枚or2枚を見極めたい。


・Stampedeing Kodo
 王道。今1枚積んでいるのでこれを2枚にする形になるか。
 問題なのは5マナと遅い点だろうか。


・IronbeakOwl。
 2マナミニオンを追加しながら、対応力がアップ。
 ただし先出しできるミニオンが減り、序盤がさらにやや不安定になる恐れが強い。
 また、サイレンスしたところで2/8というスペックがすでに脅威で、根本的な解決にならない。


・CrazedAlchemist
 なにげに便利なことでお馴染みのアルケミストさん。
 しかし、現デッキはBeastてんこ盛り前提なところがあるのでちょっと悩ましい。
 また、デッキ内ではツンドラライノとオアシススナップジョーぐらいしかシナジーしないため
 相手が何を召喚してくるのかに大きく依存することになる。


・EmperorCobra
 Beastだし案外ありかもしれない。
 ツンドラライノ増やそうかな。それはやり過ぎかな?


・BlackKnight
 こんだけTaunt多いとHunterでも入れていいんじゃね?持ってないけど



絶好調なので、あんまり環境が変わらないことを祈るばかりです。
posted by にくず at 20:00 | Comment(0) | ゲーム | 更新情報をチェックする

2014-08/04

ダイアウルフ入れたらHaunted Creeperが機能するようになった

 TimberWolfを減らし、ダイアウルフを入れてみたところクモがすごく機能するようになりました。2マナ・3マナのミニオンが弱くて困っていたところ、ダイアウルフ自身2/2でギリギリ及第点なのも良いです。3マナは正直AnimalCompanion頼り。

 Hunterなのにトラップも弓もないデッキが紹介されていたので、何じゃそりゃと思いながら興味を惹かれて丸コピしたら、30戦やって22勝。勝率7割超えでヤバイです。楽しい楽しい思ってやってましたけど、これだけ勝てたらそりゃ面白いわな。


 弓やトラップがないことで2−3マナがやや貧弱になっているものの、その分Beastが多く、柔軟にコンボできるのが特長かと。コンボしないと弱いデッキとはいえ、待ちが広いおかげでほぼ確実に何らかのコンボになります。妥協コンボでも十分強いし、6マナ前後はSavannah HighmaneにせよUTHにせよ圧倒的すぎて笑いが出てくる。

 特にBeastMinionが多いためハゲタカxUnleashにこだわる必要がなく、ハゲタカ+2〜3枚Beast出せば、それで引いたカードの中に低マナBeastがあるので、じゃんじゃん回っていくのが強い。だいたい試合終了時には、相手のデッキ15枚に対して自分は5枚とかいう感じになります。これだけカード使いまくれば、よほどじゃない限り負けないよね。
posted by にくず at 03:12 | Comment(0) | ゲーム | 更新情報をチェックする

2014-08/02

HunterにHaunted Creeperは絶対いらん

 ガイドサイトをみると結構な頻度でHaunted Creeperが採用されていて、解説に「2マナに強力な効果持ちのBeastが追加された。これでBloodfen Raptorみたいな効果なしのBeastを使わなくて済むようになったぞ!」みたいなコメントが書かれてる。

 ふざけんじゃねーですよ。お前は本当にHunterにHaunted Creeperを入れてみたのか、と問いたい。問い詰めたい。小一時間問い詰めたい。たしかにHaunted Creeper自体は使えるカードで、しかもBeastだけど、だからといってHunterに投入したところで噛みあわんぞこんちくしょう。


 HunterはToken DruidやBloodLust Shamanとはわけが違うのだから、2マナでAD1という低スペックのほうが致命的だ。30戦ぐらい使ってみたけど、Hounted Creeperの能力に助けられたことはほとんどない。Bloodfen Rapterだったらもっと楽だったんじゃないの、という展開ばかりだった。

 もちろんクモの効果が相手のプレイングに制限をかけていて、こっちの視点でそれが分からなっただけかもしれないけど、逆に足を引っ張るシーンがあまりにも目につくから、到底実用に値しないと思った。
 結局、場持ちが良かったところで、それとシナジーするカードがHunter's Markぐらいしかないんじゃないの、という話である。
posted by にくず at 03:35 | Comment(0) | ゲーム | 更新情報をチェックする

2014-08/01

Naxx2週目も簡単だった。でも仕方ないね。

 前回、「簡単すぎて課金の価値ねーわ」つってDisったけども、いろいろ考えているうちに、難しくてカードアンロックできないほうがよっぽど問題だから、仕方ないかなと思うようになりました。資産ゼロでもクリアできる程度の今の難易度はやりすぎかもしれないけれども、カードだけを目当てにしていて、「CPU戦みたいな作業はどうでもいい」って人もいるだろうし。

 ヒロイックモードはそれなりに手応えあったし、Naxx2週目は難易度としては簡単ながらも、特殊なヒーローパワーや極端すぎるカードが含まれていて、パズル的で斬新だったのでまあまあ良かった。


 ●ただもうやめてほしいね
 なまじカードが強力なうえ、流行デッキをカウンターできるカードが多く含まれているせいで、アンロック前提的なところがある。Goldに比べればリアルマネーのほうが大幅に効率的という価格設定もあり、かなりの人々が課金で開放したんじゃないだろうか。今回は初のカード追加でお祭り的なところもあると思うけれども、これで味をしめて、30枚程度のカードを追加するのに20ドル、みたいなことを繰り返されるとたまったもんじゃねーとは思った。
 知り合いの中には「700Gでこの4枚なら美味しい」とかゆーとる人もおりましたが、プロモーション商法に搾取されすぎである。全員買うだろ。目を覚ませ。
posted by にくず at 01:17 | Comment(0) | ゲーム | 更新情報をチェックする