2010-08/16

英語OSとのお付き合いも、一週間になりました

 ノートPCも使い始めて1週間ほどになりまして、環境もだいぶ整え終わり、これならデスクトップPCが動かなくなっても快適なネットライフが送れそう、っていうぐらいにはなりました。

■ブラウジング
 その過程でtweenを常駐させたり、DesktopFenceをインストールしたり、負荷が掛かりそうなものをガンガンインストールしていったら、だんだん不安になってきたので、タブを40個ぐらい一気に開いて「なんちゃってベンチマーク」してみたのですが、フリーズまで覚悟していた割に、動作はほとんど遅くならず、ちょっと読み込みが遅れる程度で済んでビックリしました。お兄さんちょっと甘く見てたよ。こんなに出来る子とは思ってなかったよ。
 ブラウジングは動画サイトでも余裕です。ただしスピーカーの音質は終わってます。あと解像度もかなり小さい。今どき1080*768が最大サイズだと窮屈ですね。基本的にブラウザは最大化。

■配信
 WMEに関しては、適当に設定弄ってみたところ、配信自体は余裕なんだけど、解像度的には640*480ぐらいがギリギリぽいです。つーか重いソフトだとこの解像度は多分無理。ツクールゲーとかSFC配信ぐらいが関の山かも知れません。まぁこの辺は実際にやってみないと何とも言えない。

 つーかそれより問題なのは、pcyp2もjane doe styleも文字化けしてワケ分からんことですかね。一応、ゲイツのガイドライン通りにまじめに作ったプログラムなら英語OSでも問題ないらしいんですが、やっぱり一部のソフト(主に和製フリーウェア)には不具合が出る模様です。
 pcypliteとかペカレコとかPCMPだとちゃんと動くのかもしれないし、Janeも最新版なら大丈夫なのかもしれないけど、どっちもバグってるならデスクトップで動かすから別にいいやって感じで、面倒くさくて試してません・・・。むしろ誰か教えてほしいです。使うかわからん・動くかわからんじゃ、ダウンロードしてくるのも面倒くせぇよ・・・。

■日本語入力
 日本語入力に関しては、@マークだったり、_だったり、記号関係の配置が違ってちょっと戸惑う。あとエンターキーが小さくて最初ちょっと押しにくかった。まぁどっちもすぐ慣れたけど。
 現実的に気になるデメリットとしては、スペースバーの両サイドにあるはずの、無変換キーとか、ひらがな/カタカナキーが存在しないので、入力モードを日本語に切り替えるためには、ALTキーと半角/全角キーを同時押ししないといけないことだと思います。これがすんげー面倒くさい。ホームポジションから離れてるし、2キーの同時押しだし、かなり邪魔くさい操作なんですが、でもやらないとアルファベットしか入力できないの・・・。。ひらがなとか漢字の入力できないの・・・。だからやらざるを得ないんです。それもかなり頻繁に。

■総括
 でもまあ、この程度のデメリットでこれだけ安くなるのなら、全然お買い得じゃないでしょうか。事実、俺が最初見つけたときには35台も残ってたのに、いつの間にか残り25台ですからね。ちょこちょこ売れているようです。場合によっては動かないツールも出てくるだろうから、最初の1台にするのはキツイかも知れないけど、サブPCとしてならこの上ない逸品でしょう。
 我が家の一番古いPCよりも遥かに高性能なので、母さんと妹もこのノート買おうか?なんて話が持ち上がっております。実際買うかはわからないけど、そんな程度には好評価だよ。安くでそれなりのスペックが欲しいなら、多少のデメリットは我慢しましょうよ!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: