2013-02/15

CDRの20%と15%の差について

体調不良につきまとめてません


MageのCDR 40%を目指す場合
Season2はアイテムCDR15%で十分でしたが
Season3はアイテムCDR20%必要です。

CDRは特殊なステータスで、
上限いっぱいまで積めば積むほど、1%あたりの効果が高くなります。
加速度的に強くなっていくステータスなんです。

この特性はCDRだけのもので
他のステータスは、積めば積むほど
1ポイントあたりの価値は落ちていくか据置程度なので
一つのステータスを上げまくるより、
ボトルネックになっているステータスを上げたほうが強くなります



<例>
「AD500」 VS 「AD300・Crit50%」
後者のほうが安くてダメージが高い
(スキルのADレートは無視、オートアタックだけ考慮する)

「AR300・HP1000」 VS 「AR150・HP2000」
魔法DMはもちろん、物理DMに対しても後者のほうが強い
(しかもTrueDMに対しても後者のほうが強い)



●S2まで15%で良かった理由
マスタリー4%
青バフCDR20%
アイテムCDR15%

合計約40% (39%)


●S3がアイテムで20%必要な理由
マスタリー変更されたせい。
赤ツリー1段目のミニオンダメージ+4が強くて

そっち取ったほうがいいので、
CDR4%も取得する余裕がない


●Mageの実用的なアイテムは、CDR15%と20%に偏っていた(過去形)

CDR15%・・・DFG、赤聖杯
CDR20%・・・鬼本
まぁ、今日のパッチで全部10%と20%に振り分けられましたが・・・。

Mage用の実用的なCDR10%アイテムがないので
CDR10%を2つで20%稼ぐことが不可能です。
一つでもあれば、まだ10%+エリクサーの10%=20%も出来ましたが
Mage用アイテムにはCDR10%のアイテムが一つもありません


ゆえに
CDR15%アイテムを使うのであれば

●マスタリーのミニオンダメージを捨て、LHに苦労する
 (最低でも1試合10LH=250円程度は左右すると思われる)
●別に40%にこだわらず、35%で満足する

どちらかの選択を強要されていました



CDRを積むからにはDPSMageに近いか
CDが絶望的に長いかのどちらかでしょうから
40%と35%の差は侮れません

最速スキル連打の理論値DPSだと、
CDR40%の方がDPSが8.3%も高くなります。
ある程度ビルドが進んだ状態から、火力を8.3%高めるのは至難の業です。




何が言いたかったか

鬼本強かったよ


今はどうなのか

赤聖杯でおk



というか鬼本はCDRアイテムで
CDRって単発ダメージは上がらないのに、
スキル連打しちゃうからマナ使いまくるよね

 → よし、多めのマナリジェネつけよう


一方聖杯はマナリジェネアイテムで
そんなにマナ回復しても使い切れないよね
 → よし、CDRつけてスキル回せるようにしよう


とアプローチの方向こそ違ったものの
上がるステータスは一緒だし
上昇値も似通ってるし
差別化しないと鬼本の出番がナッシング


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: