2014-05/11

アナと雪の女王 見てきた

ネタバレを含むので注意


会社の優待券で7割引きだったので、
母の日にかーさんばーちゃんと3人で観に行ってきました。

ラプンツェルの時と同じく、
ディズニーお得意のミュージカルアニメで
誰が見ても楽しめるだろうなーという感じ。


ありのーままのー とか、雪だるまつくろーの動画を見ていたので
何となくあらすじは把握していたけど、実際に映画館でみると衝撃というか
悲愴な感じから、徐々に開き直って楽しそうになってるのがヤバかった。
何度も見てるシーンだったけど前後の経緯がわかるとまったく印象違う。


タイトルも「アナと雪の女王」と対立的なものになっていることだし、
ここからは完全に敵キャラになっちゃうんだろうなあ、と
がっかりしながらも先の展開に期待していたら

「わざとやってた訳じゃないの」「止め方もわからないの」的なカバーが入り
うだうだ迷走をはじめて、話がぜんぜん進まなくなったのがちょっとがっかり。
まあその中だるみの部分ですら面白かったのはさすがディズニーですけれど。


あとオラフが可愛いしいいキャラしてた。
誰が吹き替えてるのか気になってスタッフロール凝視してたら
ピエール瀧だったらしいですね。いい仕事してますわ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: