2014-12/22

最近遊んでるMidrangePaladin

Midrangepaladin.jpgこんなかんじのパラディンで遊んでます。

デッキとしては古くからあるフツーのパラディンという感じですが、Shielded minibot、Coghammer、Muster for battleなどによって、最序盤がかなり強くなりました。

Paladinは適当に組んでも中盤以降つよいので、序盤の安定感を求めた構成にしてあります。選択肢が多く、そのどれもが強いのでマナカーブに合わせやすいのが強み。とにかく事故らない。

状況を選ぶカードが1枚づつ多めに入っているのもミソで、腐りにくいしうまく決まれば気持ちいいです。運がいいだけなのに無駄に上手い気になれるのでとても楽しい。



以下カード個別コメント

・ZombieChow
もともと、咄嗟にBloodknightを強化できるよう、ArgentSqaireを入れていましたが、性能に歴然の差があったことと、2/3ミニオンが増えてきたことを考えてゾンビにしました。


・Seal of Light
序〜中盤のボードコントロールを取るのに良いです。特に相手がAggroやZooだとヒールと攻撃の両方をフルに生かせるのでなかなか強力。Coghammerと用途が似ている上、あちらのほうがずっと強いのでCoghammer2枚でもいいのですが、それだと武器がダブつきやすいので、Muster for Battleの1/4武器とも競合せず、むしろシナジーするこちらにしています。


・Muster for Battle
単純に1枚しか持ってない。2枚入れると武器が余るだろうけど、所詮1ダメの武器だし、武器を無視してもなお強いので2枚入れていいとは思ってる。


・Knife juggler
いまどきナイフジャグラー?と思われるかもしれないが、MusterやEquality等々、シナジーするカードがすごく多いので重宝します。


・Coghammer
くされつよいです。2枚入れてもいいんだろうけど、その場合どこかで武器を削らないと、毎ターン殴ってても使い切れなくなりそうです。事故を嫌って1枚にしてますが、正直、他の部分で調整するなり割りきって全ツッパするほうがデッキパワーは高いと思います。Coghammerは1試合通して腐らないので。


・BloodKnight
割と趣味ではありますが、サイレンスや除去のかませになってくれるので、のちのTirinFordringにつながります。しかしSludgeBelcherのおかげでSunwalkerをさっぱり見なくなったので、敵のディバインシールド剥がす機会がほとんどないですね。新カードだとAnoy-o-tronをちょくちょく見ますけど、あれのシールドはがしてもあんまり嬉しいもんでもない・・・。


・Scarlet Crusader
BloodKnightを入れているので入れざるを得ないが、Goblin Blast Mageによわすぎて難儀します。DevineやDeathRattle持ちも多いので、一枚ぐらいRedemption入れてもいいかもしれない。


・Hammer of Wrath
これも今どき?と思われるかもしれないが、タウントかいくぐれるスペルが欲しかったのと、カードドローがないので入れてみたところうまく機能したので。ただ2枚は多かったので1枚に。


・Quartermaster
Win-Moreカード的なところがあるので、Muster for battleを2枚入れていない限りは、このカードは1枚で十分です。両方2枚が流行ってるけど、やったことないのでノーコメント。1枚だけ手札で肥やしになってる分にはそのうち出番あるので無問題。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: