2017-02/08

おすすめ本:白夜行(東野圭吾)

 白夜行、超面白かった・・・。
 最近知ったのですが、うちの市では図書館の本の受け取り・返却が近所の公共施設でできるようになっていたそうです。わざわざ図書館まで行かなくても、Webで予約して、2日後ぐらいにメールで入荷連絡が入ったら、徒歩十分ぐらいのところへ取りに行くだけ。めっちゃ楽です。

 そんなこんなで最近、ちょこちょこ小説を借りて時間つぶしするようになったのですが、東野圭吾の白夜行が大当たりだったので思わずオススメしたくなりました。最初は読むのがしんどかったんだけど、途中からの展開にはめちゃくちゃ引き込まれました!「これ、もしかして・・・」→「えっ、まじかよ・・・」→「やっぱそうなんだ・・・」みたいな、ほのめかすペース、ネタばらししていくペースが絶妙です。

●特徴
 ポツポツと大小様々な事件が起きるのですが、はっきりと「誰がクロだ」とか「何が原因だ」とか説明はされないまま、事件が一段落するごとに別人物からの視点に変わりつつ、時間が進んでいく感じで進んでいきます。上の方で「読むのがしんどかった」と書いたのはこれが理由です。
 事件が起きて、一段落。不幸になった人がいて、ここからどうなるのかな?と、引き込まれ始めたぐらいのタイミングになると、特に掘り下げられることもなく、いきなり数年後に時間が飛んで、まったく違う人物の視点による、別事件のストーリーが始まるんですね。
 内容的にも、時間軸的にも、人物的にも、一見それまでとまったく関係のなさそうなストーリーが始まるもんだから、新キャラばっかり大量に出てきて、名前は覚え直し、性格も把握しなおしになります。そんなんじゃ最初はどうしたって説明ばっかりだし、せっかく盛り上がってきたと思ったら次の事件に話が飛んじゃう。だから最初はしんどかった。

 だけど読み進めていくうちに、少しづつ違和感が積み重なっていくんですよ。それぞれの事件が起きた時、メインになってた人物の視点ではどこにもボロがなさそうに見える。完璧なんです。それの積み重ねなんだけど、別の人物に主人公が移ったあとに、前の主人公が見たものと微妙にリンクした表現が出てきたり、少しづつ、少しづつ、痕跡がほのめかされていく。
 一定のラインを越えたあたりから、段々とあからさまに怪しい部分がわかりやすいように表現されてくるのですが、その時の「まさか・・・」という信じられないような気持ちと、その後のダメ押しを見たときの、戦慄、信じられない気持ちは、なかなか他に類がなかった!!

 たぶんこの作品は10回ぐらいメイン人物が変わるのですが、その誰もが完璧に騙されていて、疑うことすら全くありませんでした。その完璧に騙されている感覚を、登場人物と共有できるのが面白いところです。そして読者視点で犯人がだれかわかったあとでも、しれっとごまかし続ける上手さ、新たな悪行を重ねているのに、メイン人物が撹乱され続けるもどかしさ、そして時間がジャンプしてメイン人物が変わったときの、結局追い詰められなかったのか・・・というあの落胆は、本当に引き込まれました。

 分厚い本ですし、最初は盛り上がってきたと思うたびにお預けを食らわされるので、けっこう読むのがしんどかったのですが、一度読み終えてみると、こんなに面白い作品もなかなかないんじゃないかと思いました。本当に面白かったので、じっくり腰を据えて挑戦してみてほしいです。

白夜行 (集英社文庫)
白夜行 (集英社文庫)
posted with amazlet at 17.02.08
東野 圭吾
集英社
売り上げランキング: 2,063

posted by にくず at 21:30 | Comment(0) | レビュー | 更新情報をチェックする

2014-08/20

Helckのコミックス届いた

注文忘れてたもんで発売日じゃなくなっちゃったけど届きました〜

収録は1話〜9話、Webで公開されたおまけ漫画の収録はなし。
コミックス特典要素は、ヴァミリオの断髪式(4ページ)だけっぽいかな。


裏サンコミックス買うのはじめてだから何とも言えないけれど、
普通のコミックスより定価高い割にページ数少なくちょっと薄め、
そんでオマケ特典これだけっていうのはちょっとどうなんかなあ・・・。

まあ、だいぶ前に公式で、裏サンコミックスのコンセプトとしては
DVDBoxみたいなプレミア感をつけて、高級志向にしたい」みたいなことゆーてたけど
そのわりにWeb公開でカラーページだった所がモノクロになっとるのはどういう事かと。


Helck 1 (裏少年サンデーコミックス)
七尾 ナナキ
小学館 (2014-08-18)


作品と作者が大好きなので、お布施として買いますけれど
商品としてのコスパには若干疑問ですかねー。
連載媒体がWebマンガで、そっちからの収入が少ないだろうから
そのしわ寄せがコミックスに来てるのかなあ、とか余計なことを考えちゃうかな。


裏サンデー | Helck

あ、マンガ自体は面白いです。妹にも好評。
posted by にくず at 01:49 | Comment(0) | レビュー | 更新情報をチェックする

2014-08/07

七尾ナナキさんの漫画が面白くてたまらない。

 4月頃から新連載で、裏サンデーにHelckという漫画が掲載され始めたのだけれど、これがほんとうに面白い。 裏サンデーには連載トーナメントという企画がありまして、読者投票ランキングによる勝ち抜き戦を3回戦までやったあと、優秀者はその続き・・・つまり第4話から、そのまま連載できるというイベントで、Helckはその連載トーナメントにおいて上位入賞→連載開始となった作品です。

裏サンデー | Helck


 連載トナメの時から丁寧な絵、シュールで質の高いネタ、ほのぼのした雰囲気が気に入って注目していたんですけども、連載が始まると、思っていた以上に面白く、あっというまに裏サンデーで一番のお気に入りになってしまいました。

 連載トナメぶんの3話もさることながら、その後もキャラの魅力が増し、ストーリーも次々と伏線が張りめぐらされ、どんどん面白さが増しております。最初はギャグ漫画として読んでたのに、今じゃストーリーまで楽しみになってるし、キャラ同士の掛け合いも独特で、とにかく雰囲気が大好きだ!今じゃ毎週の癒しです。



●あんまり気に入ったもんだから
 他になんか描いてないのかと思ってググってみた。・・・そしたらTIADIUM、ACARIA、ADIRAの3作が見つかり、これら全部めっちゃ気に入った!もうたまらん!これこれ個別の作品にとどまらず、もうこの作者自体のファンですじゃ!

基本ファンタジー
作者公式サイト


 ということで、久しぶりにツボに入りまくりの作家さんを見つけてしまったので一つご紹介ということで。さしあたってはTIADIUMという作品が、短編でさっくり読めつつ、作者の味が存分に出ていると思うのでオススメです。

TIADIUM / N-nanaki - ニコニコ静画 (マンガ)


 近いうちHelckの裏サンコミックスが出るらしいから、もう買っちゃおうかなーと思ってます。応援になれば嬉しいし、単純に手元にも置いておきたい。コミックス買うのなんて何時ぶりだろうな〜。特に裏サンコミックスなんて買うことないだろうと思っていたのにな。
posted by にくず at 00:34 | Comment(0) | レビュー | 更新情報をチェックする

2014-01/26

Knights of Pen & Paperを買った

Steamで75%OFFの投げ売りされていたので、Android版を購入しました。
自分でも何を言っているのかわからん・・・。

定価10ドルのものが2.5ドルで売られていたので、どんなゲームかと調べたら、
スマホ版があり、そっちは定価300円だったから、そっちを買った、と言う話。
どうせPC版なんて買っても積み上げるのが目に見えているので、
多少高かろうがスマホ版を買ったほうがいいかなーと


●作品概要
「テーブルトークRPGをプレイしている様子」をゲーム化した作品らしい。
プレイヤーは参加するプレイヤー(キャラ)とゲームマスターの両方をこなす感じ。

もちろんシナリオの大筋はあらかじめ決まっているけれど、
どんな順番でクエストを発生させるか、どれぐらいの敵が出てくるのか、等々は
プレイヤー裁量次第で調節できる。

で、さっそく遊んでみたらこれがかなり面白い。
まあ一言で言えば、自分で難易度調整しながら、戦闘を楽しむRPGですな。



●システム概要
システム的にはスキルポイント制のクラシックなRPGで
言い換えれば、ドラクエの成長システムがLoL風になったようなもん。
それ以外、成長について特に目新しい要素はありません。

戦闘についてもオーソドックスなRPGなんだけど、唯一「Threat」という要素があり・・・。
要するに敵からのヘイト値ですね。これが高いと狙われやすくなります。
タンク勢はThreatを上昇させるスキルを持ち、火力担当はThreatを下げるスキルを持っています。まあMMORPGでよくあるやつです。

フィールドマップはマリオ3のように
町やダンジョンがマス目になったスゴロク状になっていて、
移動先を指定すれば5秒ぐらいでそこに着きます。
細かい十字キーによる移動は必要なくて、楽でいい。

目的地に着いてもそれは同じで、村中を探しまわったりする必要はなく
5種類ちょっとのコマンドから何をするのか選ぶだけ。
サラダの国のトマト姫みたいな感じ。(トマト姫知ってる人いるかな)
とにかくサクサク進めれて、戦闘とストーリーに集中できます。



●総評
ほかにもテーブルトークRPGだけに、
参加者が食べる用のおかしを買うと一定時間能力が上がる などなど
細かい要素はあるんだけど、わざわざ紹介する程でもないので省きます。

要するには、
難易度を自分で調整しながら、さくさく戦闘をこなしていき
ストーリーの進展とキャラの成長を楽しむゲームです。(2回目)
パーティーが5人までのところ、職業がいろいろあって何を使うか悩ましい。


そういうところはドラクエ3と似たようなもんですが
職業の差別化が極端で、ドラクエよりはだいぶ戦略性が高いです。
MMORPG好きなら、パーティー編成がより楽しめるかも。

RPGのコマンド戦闘が好きな人にはオススメ。
とにかくさくさく進むからやめられない。
posted by にくず at 03:09 | Comment(0) | レビュー | 更新情報をチェックする

2014-01/21

乾燥がヤバイので職場用の加湿器を買った。

最近乾燥がひどすぎてアトピーがツライので、
上司の承認を得た上で個人用の加湿器を買うことにしました。

会社で使うやつだし、いっちばん安いのでいいや〜と
使い捨てるつもりで2000円のやつを購入。


●選定理由
加湿器は2000円前後も出せば、結構な種類が見つかります。
しかしその中で、こいつはサイズが大きい代わりに、加湿能力が抜きん出ているのです。

カカクコム(※↑と同じリンク)の「加湿量」の欄を見てください。
2000円前後の加湿器は軒並み1時間に200mlしか加湿できません。
その中でコイツは1時間に360mlと、実に1.8倍の加湿能力を誇るのだ!!!

この加湿能力のおかげで、オープンフロアーのオフィスでも
エアコンの自動除湿に負けないぐらい、十分に加湿できるのです。


●スチーム式。
面倒なので詳しくは自分でおググり頂きたいところですが、
超音波式と比べて・・・

・長所:毎日掃除しなくてもいい。蒸気に雑菌が混ざらない。
・短所:定期的に大掃除しないと水道の塩素が焼け付き、ガビガビになる。






●スペックやらメンテ性やら
サイズはティッシュの箱を4個重ねたぐらい。
それなりに大きいので床に置くことになるでしょう。

水の補給は4〜5時間に1回程度。
1日1回は補給が必要、たまに2回必要かも?ってぐらい。

水を沸騰させるタイプなので、ゴボゴボ音がなります。
職場でもときどき気づく程度の音量なので、
寝室に置くと、気になる人は気になるかも。

カルキのやけ付きは、
一週間使っただけでもジャリジャリするぐらいは発生します。
週イチでざっと清掃して、どうしようもなく汚れがたまってきたら
自宅にクエン酸があるので、それで掃除する予定。


●不満点
蒸気発生エリアがまったく隔離されていないので、
内部が全部、べっちゃべちゃになります。

フタやらタンクやら全部ずぶぬれなので、
水を補充するときは慎重にしないと床を濡らします。


フロアリング?されてるオフィスならいいけど、
カーペットが敷き詰めてある職場だと、ちょっと気を使うかもしれない。
まあ2000円の商品だから仕方ないと諦めてるけど・・・。



●使い始めて一週間
加湿器なんて使うのはじめてだったけど、結論から言うと正解でした。
乾燥による発作がほとんど起きないし、
顔面の皮膚もぼろぼろ剥がれなくなりました。
こんなに快適なんだったら、もっと早くに買えばよかった。

性能には満足しているし、
値段が安いから壊れても買い直せばいいや、と気楽なのは良いですね。
posted by にくず at 01:45 | Comment(0) | レビュー | 更新情報をチェックする

2013-05/10

キーボード買い換えたぞ ☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

前のPCを買った時以来、400円のキーボードを5年ぐらい使い続けていた僕ですが
いい加減キーはゆるゆるガタガタ、文字の刻印も剥げてみすぼらしいし、
そろそろ買い換えようかなあ、と2〜3ヶ月前から受動的に検討していたところ、
3日ほど前にこちらのブログかなり良さげなキーボードを発見。

Amazonの評判もよく、値段も1500円とか爆安なので
この値段なら地雷でも構わないから買ってみよー、とポチって来ました
そんでそれが今日届いたわけだよ!





結論から言うと凄くイイですねー。
上等のキーボードって今まで使ったことがないから
1万円とか2万円するキーボードと比較してどうなのかはわかりませんが
過去に使ってきた安物と比較すると、明らかにキーが安定してます。
Shiftキーを連打してもグラグラしないのが素晴らしい。

打鍵音もサクサクタクタク って感じで気持ちいいし
ラバーグリップがよく効いてて、机の上でもすべらない。
こいつはいい買い物したかもわからんね。

てか、この日記が初の本格的なタイピングなんだけど、打鍵音が気持ちよくてやたら捗る。
軽くて静かでサクサクとした感触がほんとに良いわ。



●Rankedチームの話
脱退前に起きた相談事も無事に着陸。
何だかんだで大きく変わることはなく
単に脱退者が出るだけで決着が付きそうです
それも遺恨の残る抜け方ではなかったので、よかったのではないでしょうか。

心残りもなくなったので、これにて僕は活動休止です。
しばらくはノーマルでMidとADCを練習していくつもりですねえ。

使ってきたロールがSup・Top・Jungleだったもんだから
地面指定のスキルを使う機会があまりに少なく、Mageのスキルが当たりません。
だもんで、とりあえず方向・対象指定メインのMageで遊んでおります。
全然使いこなせてないけれど、Vladがとりあえず楽しいねー。
posted by にくず at 02:06 | Comment(0) | レビュー | 更新情報をチェックする

2013-03/26

Bittrip Runnerまじ面白い

 体調不良と多忙のダブルパンチでサボリ気味のこのごろ。
 昨日からBittrip;Runnerってゲームで遊んでます。Steamで2.5ドルで売ってるインディーズゲームで、最近続編の2が発売したんだけれども、10%OFFとかやる気のないセールだったからスルーして75%OFFの旧作を買ったわけですわ。
いやこれなかなか当たりでしたね。


どんなゲームかはこちらをご覧ください。
「BIT.TRIP RUNNER」に取り憑かれた男によるレビュー



 基本的には音ゲー+アクションゲームです。ただし難易度めちゃめちゃ高いです。
 やることは単純なんだけど、強制スクロールの速度がえげつないので、考えてから反応する余裕がなく 脊髄反射でのコマンド入力を求められます。そんでまた1ステージが長いのに、途中で死んだら最初から再スタートー。まじ鬼畜だわ!

 実際かなりのループゲーでして、完走すれば1分のステージを30分ループすることも珍しくありません。だけど、あんまり苦痛じゃないんですよね。しんどくても悔しくても、なんでか続けてしまう魅力があります。


 たぶんこのへんが上手く作用してるのかな。

・テンポが良すぎてやめどきが見つからず惰性で続けてしまう
・BGMが心地よくトリップできるので惰性で続けてしまう
・着実に上達していくのが気持ちいい



んまー、ストレス溜まるのにシアワセな気持ちになるゲームっていうのも珍しい。
電子ドラッグってこんな感じじゃないですかね。
テトリスとかでおなじみの、脳みそとろける感覚味わえますよ。

明日からはカオスヒーローオンラインも始まるし
ゲームはゲームで忙しい。時間が足りない、健康がほしい!
posted by にくず at 01:33 | Comment(0) | レビュー | 更新情報をチェックする

2011-03/30

ラプンツェル面白かったですよ

会社でもらった映画無料鑑賞券の
期限が切れそうになったので、
特に見たい映画もないのに
家族で映画館へ行ってきました

・わさお
・ラプンツェル
・ナルニア国

この3択でラプンツェル。

CMで髪の長さやらロープ代わりにしてる姿やらを見て
「いくらなんでもありえねーだろ
 無理からキャラ付けすんのも大概にせーよ
 カーッ、ペッ、ペッ」 とか思ってたので
わさおに1票入れたんですが
女性陣の猛烈プッシュにより30秒で却下されました


   ,.-─-、
   / /_wゝ-∠l
   ヾ___ノ,. - >
   /|/(ヽY__ノミ
  .{   rイ  ノ

わさお・・・。
なんだか僕もう眠いんだ・・・(´・ω・`)


そう、21:00開始の23:00終了である。
しかもディズニーのまったり映画
観客も10人ぐらいしかいてません。
リアル春眠の誘いきちゃうかこれ・・・

不安に思ってたんですが
寝るどころか感動しましたわ。
最近のCGすごいっすね!
キャラのほっぺたとか陶器肌だった!


映画館でみたら
何見ても面白いってのはあるんだけれど
それを差し引いても普通に名作。

馬がかわいい。
盗賊がかわいい。
ラプンツェルも性的にかわいい。


ジャンルとしては
ディズニーおなじみのミュージカル映画です。
ことあるごとにキャラクターが歌いだすアレ。

CGの表情とかすごい細かくて
グラフィック気にしない俺でも◎
ストーリーも面白かったし、なによりテンポが素晴らしい。
シーンの都度ごと、満足したぐらいで次に行く。

とにかく毒がない上に
スリルやスピード感も十分なので
誰が見ても楽しめると思います。

アリスとか白雪姫と肩を並べても
遜色ない出来じゃないでしょーか。


あとラプンツェル、
ちょっと舌っ足らずな声優さんにトキメイてました
誰かと思ったらしょこたんだった。
あのひと普通に声優やれるんじゃないすかねwwwwww
そこらの声優よりよっぽどいい仕事!
posted by にくず at 23:56 | Comment(0) | レビュー | 更新情報をチェックする

2010-01/03

まるマシリーズ(1〜3巻)読了。感想。

1巻:今日からマの付く自由業!
2巻:今度はマの付く最終兵器!
3巻:今夜はマの付く大脱走!

 だいぶ前にNHKでアニメ化してることだけは知っていたので前々から興味があったこの作品。若干特徴的な文体ではあるものの、文体が軽いことに加えて、かなり頻繁に入ってくる小ネタやギャグで気が抜けるので読みやすい。さらに風景描写や世界設定はもちろん 主人公の心情まで丁寧に描写されているので、感情の流れに説得力があって感情移入しやすい。文章力は高い方だと思う。

 ただ、ストーリー展開があまりにステレオタイプすぎるのが難点。特に主人公が典型的な偽善者・平和主義・理想主義、ついでにヘタレの短気野郎というよく見るキャラクターなので、展開がワンパターンでイライラさせられることが多い。
 ちょっとした悪事を見かけるたびに毎回キレて文句を付けるのではだんだん鬱陶しくなってくるし、肝心のヤマ場である主人公の活躍シーンもタイミングと展開が丸見えで冷めてしまった。

 異世界に飛ばされて「魔」王に就任させられる〜と言うストーリーはそこそこ目新しいのに、主人公の性格と、何でも言うことを聞く側近と、主人公の強大な魔力のおかげで挫折・苦悩・妥協がほとんどなくて、完全にやりたい放題になっている。
 短絡的な行動でピンチに陥り、それを反省して自己嫌悪するが、特に改善されることはなく、次回以降も同じ行動を繰り返す。「魔」王である部分はギャグにしか活用されておらず、そこらのわがまま王様物語と何ら変わらないのが残念なところ。

 キャラクターは魅力的だし中盤のストーリー展開も面白いのに、そこに主人公が関わってくると途端に陳腐になってしまう。あまりにもお約束すぎるお約束展開に我慢できるならかなり楽しめると思いますが、良くも悪くも王道!といった感じなので対象年齢は低めかも。良作だったとは思うものの 折角の設定が生きておらず、思っていたより展開が浅かったのが不満でした。


今日からマのつく自由業! (角川ビーンズ文庫)
喬林 知
角川書店
売り上げランキング: 100000
おすすめ度の平均: 4.5
5 最初はちょっと・・・
5 物語のはじマり!
5 漫画みたいな感じ。
4 う〜ん…
5 おもしろいですよ?
posted by にくず at 21:12 | Comment(2) | レビュー | 更新情報をチェックする

2009-12/23

とある魔術の禁書目録(1〜3巻)読了。感想。

 アニメ版をチラッと見たことがあったので期待していたこの作品。ラノベなだけあってバトル展開が多めなほか、ある程度の「タメ」が終わると一気にストーリーが進むので、ついつい先まで読み進めてしまう。中二病っちゃそうなんですが、展開は結構熱いです。

 戦闘シーンでは能力を活かしながら戦うが、最後は根性任せでゴリ押しするだけ。ドラゴンボールほど脳筋じゃないけどジョジョほど理屈的でもなく、面白さはそれなりと言ったところ。能力を活かした描写をしようにも「敵の攻撃を無効化する」なんて反則的な能力じゃ、根性展開になるのは仕方ないのかも。

 それより気になったのは全体的なまどろっこしさとしつこさ・くどさ。
あんまり人のこと言えないんですが、書きたいシーン・言わせたいセリフを無理に盛り込みすぎだと思います。伏線の張りかたが足りてなかったり、心境変化に説得力がなかったりしてイマイチ作品に入り込めない。

 戦闘や世界観の説明だったらご都合主義でも気にしませんが、キャラクターの心境までご都合主義だと一気に説得力がなくなります。こういうシーンが書きたいんだなってのは分かるんだけど そこに到るまでの流れが不自然なので、ああ、ここはバトル展開にしたかったからこのキャラは発狂させたんだなぁとか、冷めた視線になってしまう。

 正直なところ、3巻まで読んだ感じだと微妙です。世界観やキャラ設定が魅力的でも肝心のストーリー展開が強引すぎる。以前アニメで見たところは普通に面白かったので そこまでは読んでみるつもりだけど、それでアレなら当分後回しにする予定。
別につまらない訳じゃないんだけど、現段階ではこんな大ヒットするほどの作品とは思えないかな。この先に期待したいところ。

関連記事:とある魔術の禁書目録、4〜7巻の感想


とある魔術の禁書目録(インデックス) (電撃文庫)
鎌池 和馬 灰村 キヨタカ
メディアワークス
売り上げランキング: 319
おすすめ度の平均: 3.0
5 斬新な設定
5 主人公が熱い
5 最高におもしろいです!!
1 こういうのを電波と言うのか?
2 これが今ラノベで最も勢いのある作品